2017-05

スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

ガイアの夜明けでBRICSの代表格のインド、中国やポストBRICSと目されるVISTAの代表格であるベトナムが取り上げられて…新興国投資のプロ、マーク・モビアス氏が…

スポンサードリンク
ガイアの夜明けでBRICSの代表格のインド、中国やポストBRICSと目されるVISTAの代表格であるベトナムなどが取り上げられていましたね。番組自体は新興国への投資ブームがテーマでしたが、インドや中国というよりもVISTAのベトナムや南アフリカの方に焦点が当てられていたように思いますね。確かにベトナムには活気が溢れているようですね。それに団塊の世代が退職ということもあって退職金の運用先という意味では、ハイリスクなのかもしれませんが、これから高成長が期待されるベトナムなどの新興国は魅力的なのでしょうね。それに、一攫千金を当てようとする日本人が結構ベトナム現地に赴いてベトナムの証券会社に口座を開設してくる人が増えているらしい…実際にガイアの夜明けでは運用資金200万円を3億円にまで増やしたという人を紹介していましたね。でも、新興国投資のプロ、マーク・モビアス氏はベトナム市場は市場としては魅力的だが今は過熱感があるという見解を示して様子見という感じでしたね。やはり、株はいくら有望な会社だからといってすぐに飛びつかず割安なタイミングで買うのが良いようですね。
 私も間接的な投資信託より株そのものへの新興国投資をしたいのですけれど、口座開設の手間や手数料、市場が不安定という要素を考えると考えてしまいますね。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

テーマ:株式日記 - ジャンル:株式・投資・マネー

トラックバック

http://oktrend.blog80.fc2.com/tb.php/1-c947f03f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

投資先としてのベトナムの価値

ベトナム株やベトナム現地情報に関する書籍って少ないんですよね。それでいろ入り調べてみたんですがベトナム株に関する書籍を見つけました。ベトナムに投資を考える上で一度は目を通しておきたい一冊ですね。知らないで

投資先としてのベトナムの価値

ベトナム株やベトナム現地情報に関する書籍って少ないんですよね。それでいろ入り調べてみたんですがベトナム株に関する書籍を見つけました。ベトナムに投資を考える上で一度は目を通しておきたい一冊ですね。知らないで

ベトナム[世界の旅]

ベトナム:ベトナム中部の都市で、19世紀に越南阮朝の都がおかれた。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に「フエの建造物群」として登録されている。バクダン川の対戦での米軍ベトナム社会主義共和国(ベトナムしゃかいしゅぎきょうわこく)、通称ベトナムは、東南アジアのインド

«  | HOME |  »

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。